2009年02月20日

安定志向

安定志向の男子学生が急増!? 総合商社が苦慮する一般職志望のオトコたち
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20090205-00000002-diamond-bus_all


学生から抜群の人気を誇る総合商社には、今年も応募が殺到し、
採用担当者はさぞご満悦かと思いきや、思わぬ事態が発生して対応に苦慮しているらしい。

なんと、これまで女性社員が担ってきた事務作業など補助的な業務を行う
「一般職」に男子学生が応募してきているのだとか。
男性が事務の補助作業・・昇進昇格も難しいでしょうし、
そんなに夢がなくていいのでしょうか。

でも、特に男性は、事務職に遣り甲斐を見出す事は困難ではないでしょうか。
周りには営業とか企画とかでバリバリ働いている同性がたくさんいるわけですよね、
そんな中コピー取りとか・・・厳しいものがあると思うのですが。

2007年に施行された改正・男女雇用機会均等法で、男女双方に対する
差別を禁止する法律に変わったことで、女子学生に絞った一般職の採用はできなくなり、
形式上は男子学生にも一般職への門戸が開かれたわけですが、
そこに安定志向の男子学生たちが着眼したようです。 

採用する側は困惑が隠せず、今のところ採用は0。
しかしながら、雇用不安が長引くことにより、遠からぬ未来、大手の商社で男性の事務補助員を
見かける機会が出てくるかもしれませんね。
posted by mei64875 at 04:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2割増

療養支援診療所の在宅看取り3万2千人、前年比2割増
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090204-00000041-yom-soci


自宅療養を続ける高齢者を支える全国の在宅療養支援診療所が、
2008年6月末までの1年間に在宅で看取った患者が
約3万2000人に上り、前年度比で2割増しになったことが、
読売新聞社の調査で明らかになりました。

支援診療所は、24時間365日往診できる診療所で、
在宅医療のけん引役として06年4月に制度化され、
現在約10万の診療所の1割にあたる1万1098施設が
支援診療所として届け出ているものの、
支援診療所の15%が一度も訪問診療をせず、
看板倒れとなっているのが実情のようです。

支援診療所は、1人の患者に月2回程度の訪問診療を行い、
終末期には緊急の往診にも対応。
お年寄りをはじめ重度の病を抱える患者さんにとっては
ありがたい制度ですよね。

年間の死亡者約110万人のうち、8割が病院で亡くなっていると言います。
今後、高齢化社会がますます進めが、老老介護も増えてくることは間違いないですから、
多少診療報酬を高くしてでも在宅療養支援診療所を増やす必要があるとわたしは思います。

病院より住み慣れた家で最期を迎えるのがいいと思うのは、自然な流れかもしれません。

posted by mei64875 at 04:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。